釣具通販ギアラボ

海上釣掘の釣

​船に乗ったりせず、手軽に大物が狙える海上釣掘。釣りの中で一つのジャンルを確立しています。

初心者からベテランの釣師まで魅了するのは、手軽に食べておいしい魚が釣れるということもありますが、釣掘といえどもその釣果には技術力や知識が差となって現れ、時によっては釣果なしということもあるという難しさも兼ね備えているからでしょう。

餌から道具までまったく持たずにレンタルできるという手軽さがある反面、大物を狙うにはそれなりの道具と仕掛け、餌が必要となり、地合に手返しよく釣るためにはそれなりのタックルも必要になります。

海上釣掘は海上に浮かぶ筏の下を網で囲うスタイルのものが主流でその環境の為、他のターゲットを狙う釣り道具、特に竿は専用竿を求める人が多いです。

竿

いかだの大きさに差があるものの、他の釣人とのトラブルを避けるためにも4mくらいまでの竿を使うこととなります。

オールマイティ型の竿を1本でという方も多いですが、ターゲットは最もポピュラーな鯛から、ブリクラスの大物までを狙いますから、ブリ、カンパチ、ハタなど大物用の竿と、鯛を中心とした小型~中型を狙うための竿を分ける人は多いです。

また、シーズンによっては食い気が渋くなるため、探り釣り用の竿を使う人もあります。

磯竿ベースで考えると3号、4号、5号となり、長さが3m、3.5m、4mというラインナップになるでしょう。探り釣りは別と考えてください。

釣りが初めてという方であれば、1本買うなら、3mの3号程度のものを、釣りの経験者であれば3.5mの3号をオススメします。

釣掘に通いたいというなら、これに4号以上のものを大物用に加え、さらに探り釣の竿を加えるというステップが良いのではないでしょうか。

      

●初心者の方にオススメ
●経験者にオススメ
●経験者にオススメ(大物用)
 
●経験者にオススメ
 
●最上級専用竿
 

 

リール

​リールに関しては、巻く道糸の太さで負ける長さが変わりますね。
ハリスが鯛で3号、青物で最低6号くらいでしょうから、ナイロンだと8号程度の道糸が50mほど巻けることが条件となります。それに適するリールの大きさは3000番から4000番というところでしょうか。

最近のリールは性能は良くなっていますから、1万円以下でも十分なのですが、後は軽さと巻き心地ですね。

 

オススメのリール

長くスピニングリールを使う釣りを続けるなら、軽くて巻き心地のよいリールはいくつもありますので、釣り具屋さんで相談するのも良いかもしれません。

釣場で同時に2つのリールや竿を使うことはありませんが、手早くタックル交換をするなら複数必要になります。海上釣掘りなら、大物対策、中型までの浮き釣り、探り釣りとなりますか。そうした場合は同じシリーズのリールを選ぶとスプールの互換性があったりして使い勝手が良くなるものです。

もし、他の釣りも続けていくつもりなら、リールも少し上等なものを買うことをオススメします。手入れも楽になりますし、軽くて丈夫なので、長く使えてかえってお得と思います。

その他

リールに巻く道糸はPEライン、ナイロン、フロロカーボンなどがありますが、強いのはPEライン。ただ、PEラインは初心者には少し取り扱いが難しくトラブルの原因となるかもしれませんので、最初はナイロンかフロロが良いでしょう。6号くらいが50m位巻いておけば釣掘ならOKでしょう。

仕掛けは、最初は市販のもので、針とハリスが既に結んであるものが楽です。予備の仕掛けを準備しておけば簡単に取り替えることも出来ます。⇒ 海上釣掘仕掛け

仕掛けに関しての注意や、餌、釣り方に関しては、やはり生き物相手なので、いくら釣掘といってもいろいろとコツもあるものです。

ベテランの人に教えてもらいながら海上釣掘を楽しんでもらえればと思います。

参考サイト ⇒ 海上釣掘ファン

 

海上釣掘での釣りバイブル

結構当たり前のことでも知らないことは多いです。

初心者の方にももちろんですが、ベテランの方も見てみると忘れていたことが沢山あると評判のDVDです。

言わば、海上釣掘釣りのバイブルです。


釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

 

 

 

 

リンク集

 

 

© 2017 釣りの口コミ通販 rss