アウトドア&スポーツ ナチュラム

タチウオ釣り

タチウオという魚は、食べておいしく、防波堤や釣り公園などでも手軽に釣れるという事で非常に人気の高いターゲットです。

特に船に乗って釣るタチウオは、型も良く狙えるシーズンも長いので日本各地で盛んに行われています。

釣り方も、テンヤ釣り、天秤仕掛けの釣り、ジギングと様々な釣り方で楽しまれていますね。

どの釣り方もタチウオの習性を理解したうえで釣ることになります。⇒タチウオの船釣り

 

タチウオの餌釣り

タチウオは獰猛なフィッシュイーターとして知られています。その口には鋭い歯が並び、獲物に食いつきます。

ただ、ブリなどのように丸呑みするのではなく、一度噛み付きそこから飲み込むようで、釣りをしていて、あたりの出方は様々です。

下から、上にいる獲物を狙っていると考えられていますので、仕掛けや釣り方もそれにあわせたものとなります。

餌釣りの場合、餌となる小魚を丸ごと使ったり、サバなどの切り身を使うことが多いですが、あの鋭い歯で餌に噛み付きすぐぼろぼろにしますし、仕掛けの糸も簡単に切ってしまいますので仕掛けもそれ対策に工夫されたものとなっています。

 

テンヤ釣り

右の写真のような頭部分が鉛でできたタチウオテンヤといわれる仕掛けを用いて釣ります。錘の重さは40号~50号が一般的で40号というのは150g、50号となると約180gとなります。

頭の後ろの突起(3本)の部分にイワシを針金でくくりつけます。

イワシの頭部はしっかり巻き、腹から尻尾にかけてはずれない程度、尻尾がしっかり動くことが重要とされます。

頭部に道糸をつけてぶら下げると、水平になるように設計されていて、イワシの腹部に食いついたタチウオを合わせを入れて後ろのフックで引っ掛けるという釣り方になります。

この中で一番ノーマルなヘッドカラーが、右上のダイワ 快適船タチウオテンヤSS 50号 夜光シルバーフレークというものです。

マイワシ、ゼブラなどのカラーテンヤは最近のモデルで、タイラバやジグのカラーなどが参考になっているようです。

このカラーや形状はメーカーによって工夫され発売され種類が非常に多くなっていますが、釣り番組などで紹介されているほど沢山の種類をそろえる必要はないと思います。

一回の釣行でスペアと手返しを早くするために、最低2つ、出来れば3つは準備していきたいですね。重さは、乗る船で統一されますから乗る船の船長に問い合わせます。

 

このテンヤと道糸を直結するとトラブルの原因となることが多いですので、間にハリスを入れます。
以前は、タチウオの歯に当たっても切れないようにワイヤーハリスが使われていましたが、最近はナイロン糸の10号以上を1mから1.5mほどとることが主流になっています。食い込みが違うという人もいらっしゃいますが、私はトラブル防止の役割のほうが大きいと思います。

 

タチウオ釣は本来、夜行性で昼間は深場に落ちていることの多い魚なので、平均50m以上、場所によっては100m以上の棚を狙います。そのため、道糸は200mは巻いてあることが必要です。しかも潮の流れが強いと、これだけの大きさのテンヤですから、潮を受け流されることとなります。ですから、道糸も出来るだけ細い糸が使われます。竿とのバランスもありますが、0.8号から1.2号くらいまでのPEラインが良いと思われます。⇒PEライン

 

このPEラインとハリス(リーダー部分)をスナップ付のサルカンなどで結合される方が多いですが、深い棚である程度潮の流れのあるポイントでの釣りとなるため他の人とのお祭りの可能性は高く、サルカンなどは絡む原因となりますのでPEラインとリーダーはFZノットなどで直結するほうがトラブルは回避できます。


FGノット結束器 EZノッター

このFZノットというのは、PEラインとリーダーを編みこんで結束する方法で、慣れないと非常に難しいですが左の写真のようなFGノット結束器 EZノッター という器具を使うと初心者でも簡単に編みこみが出来ます。

このPEとリーダーを直結するというのは、タチウオ釣りの他、タイラバ、ジギング、エギングなどPEラインを使うことの多い釣りをする方は是非マスターしましょう。

 

リール

タックルとして用いるリールは、道糸が少なくとも200m、出来れば300m巻いておきたいところですが、PEラインの太さとリールのバランスを考えて巻いてください。100m程度の釣場なのになぜこれだけの長さが欲しいかというと、潮の流れ方によっては道糸が斜めになり余分な長さが必要なことと、無いに越したことは無いのですが、お祭りしたときにタチウオの歯がラインに当たって高切れしたり、PEラインの発色に反応したタチウオやサワラなどがPEラインに当たり、高切れしてしまうことがあります。一度に50m以上のラインを失うこともありますから、少なくとも200mくらいは巻いておきたいのです。

リールは深場であるということで電動リールを使われる人が多いです。サイズは小型~中型くらいまでのものが良いでしょう。面白いことに関西ではダイワ、関東ではシマノに人気が別れています。性能は大きくは違いませんので好みで使われると良いでしょう。

オススメは、ダイワなら シーボーグ 150J かレオブリッツ 150J、シマノならフォースマスター300DHかプレイズ400というところでしょうか。


シーボーグ 150J
シマノ リール 15 フォースマスター 300DH 右
シマノ リール 16 プレイズ 3000

もちろん、電動リールを使うなら、船によっては電気を供給してくれる場合はありますけど、バッテリーは必需品ですよ。

手巻きリールの場合は、パワーと巻上げの定速性などを考えると上位機種のものをお勧めします。他の釣りと兼用するなら、シマノならオシアコンクエスト、カルカッタコンクエストを用途によって選択すれば間違いないでしょう。

もちろんダイワも良いリールがありますが、堅牢性とギアーからみるとシマノが一歩リードというところでしょうか。


オシアコンクエスト 200HG 右
シマノ リール 15 カルカッタ コンクエスト 200HG

ロッド

ロッドに関してはタチウオ釣りにかぎらず最近はメーカーが細分化して商品を開発しています。タチウオに関してももともとは7:3から6:4くらいの胴調子のものが一般的でしたが、状況に合わせて使い分けるということを前提に、先調子で掛けることを重視したもの、食い込ませることを重視した胴調子のものというように使い分けることで釣果を伸ばすということがコンセプトになっています。

ただ、一度の釣行で状況に合わせてタックルをけるということは、リールと竿をセットにしておかなければ地合を逃しますから、それだけ費用もかけないといけないということになり、なかなか私達のような一般の釣人には難しいことかもしれません。

そんな中で、機能性にも優れ掛け合わせ、ある程度、食わせどちらにも対応できるという一本だけを選べというならこれをお勧めします。

オールランダーというと、「=中途半端」というイメージがありますが、あえて『すべてをこなす“ リアルオールラウンダー”』という表現を使っています。
実際のところ、8:2調子という先調子で、穂先タイプもタフテック+ハイパワーXソリッドというもの。ダイワのメタルトップまでは繊細でないかもしれませんが、非常に敏感な穂先です。
食い込みを待たず掛ける釣りも可能です。
万能竿と呼ばれる7:3の竿でに、負けない食い込みを見せますし、小さな当たりにも対処が可能な調子はタチウオ釣りのオールランダーと呼べる竿だと思います。

 

 

 

 

リンク集

 

 

© 2017 釣りの口コミ通販 rss